個人再生とは

任意整理とは違い、裁判所を通じて利息の引き直しや債務の減額を行い、返済していく手続のことです。

個人再生の場合も任意整理と同じく、債務の減額を行った上で「再生計画」をたて、3年ないし5年で返済をしていくこととなります。

 

どういう場合に個人再生を選択するのか?

・個人再生を選択する一番のメリットは、「住宅ローン特則」を使い自宅を保有し続けることができるという点です。
住宅ローンの債権だけを別で扱い、それまでどおりに返済していくということが可能になります。

 

~注意点~
・自宅が住宅ローン以外の担保に入っている場合や、店舗などになっている場合は「住宅ローン特則」は利用できません。
タイトルとURLをコピーしました