任意整理とは

任意整理とは、裁判所を利用せずに、弁護士や司法書士などが債権者と直接話し合いをした上で、元金や利息の一部の減額の交渉をし、返済期間や月々の返済額等を決め、和解を求めていく手続のことです。

 

任意整理は、裁判所を通さずに行われるため、債権者は話し合いに応じる義務や法的拘束力はありません。

このため、個人で任意整理の交渉を行う場合、債務者にとって不利な条件になってしまう可能性が大きいため、専門の知識を持った弁護士や司法書士に依頼することになります。

 

どういう場合に任意整理を選択するのか?

・過去、複数年にわたって消費社金融などに借入と返済を行っていて、過払い金が発生する可能性があり、またそれを、特定の債権者に対して行いたい場合。

・裁判所を通す場合「官報」に載るため、これを避けたい場合。

 

~注意点~
・裁判所は利用しませんが、ブラックリストには登録される為、一定期間は新たな借り入れができません。
タイトルとURLをコピーしました